ドアノブの基本構造を知っておくことで依頼をスムーズに

修理と交換

ドアノブ修理は交換も視野にいれて

ドアノブは屋外より室内のほうが交換や修理がしやすい状態にあります。そのため自分でドアノブ交換をする人がいますが、せっかくつけたドアノブが動かない、ということがないよう注意です。 そのためにはドアノブの基本構造をしっかり知っておく必要があります。ドアの厚みやドアノブのバックセットです。バックセットはドアノブの中心点から端までの距離を表しています。これを考えずにやると、せっかくドアノブ交換を行っても、ドアノブが壁にあたったりドアからはみ出してしまいます。自分でやることが不安なら業者に修理を依頼してしまうと確実です。ドアが開けられないほどの状態であればなおさら業者に依頼すると良いでしょう。すぐに来てくれるサービスもあります。

ドアノブ交換後の注意点

ドアノブは内部が金属でできているため、湿気に弱くなっています。室内はあまり湿気がこもらないようにするとドアノブの寿命が延びます。またドアの構造を木製や湿気を吸着してくれる素材にすることでドアノブへの負担を軽減することができます。 ドアノブ交換を業者に依頼する場合には、早めに見積もりをするようにしましょう。特にドアノブの構造が表と裏で違っている場合は注意が必要です。というのもドアノブにはオスとメスがあり、形が少々異なる場合があります。ドアもオスメスで別々の形に削っているため、別のドアノブ交換を行うと見栄えが悪くなります。そのため同じドアノブを付け替えるには商品を別々に用意しなくてはならないため発注に時間がかかる場合があります。

  • 防犯カメラを利用

    昔に比べると日本も安全とは言えない国になっており、多くの店舗でも警備員や防犯カメラを設置して、防犯対策をしています。特に防犯カメラの設置は今後も多くの店舗で行われていくものといえます。

    Read More
  • 毎日使う

    日々の生活の中で欠かすことができないものとして様々な場所で使われているのがドアですが、ドアが壊れてしまった時にはすぐに交換することが大切です。家や部屋の雰囲気に合わせてデザインを変えてみるのも良いでしょう。

    Read More
  • ドア修理をする

    毎日のように使うドアは、家の仕切りや防寒など、利用価値は様々です。ドアが壊れた時には、専門の修理会社を探して直してもらうのも1つの方法ですが、もし業者に依頼する時にはしっかりと会社を調べて選ぶことが大切です。

    Read More
  • バイクの鍵を紛失したら

    バイクの鍵を紛失した時には、業者に依頼するとスムーズに問題解決をすることができます。今ではバイクの鍵に対応する業者も増えてきており、インターネットで簡単に探すことが可能です。

    Read More